下半身太りのダイエットの原因と解消の運動法

下半身ダイエットをする理由は?

下半身ダイエットで下半身をすっきりとやせさせることにより、スマートで引き締まった足にすることができれば、歩く姿も変わってきます。

「老化は脚から」と世間でよく言われる言葉があります。

体の筋肉の60%が脚に集まっており、年とともにまず衰えるのが脚力といわれているからです。エクササイズなどにより下半身の筋肉を鍛え続ければ、下半身のむだな脂肪が取れて自然に引き締まります。

たとえば、短めのスカートやショートパンツのような足を出す洋服を着たいと思ったとき、下半身に脂肪がたくさんついていると、躊躇してしまいますし、ぴったりしたジーンズの太ももがパンパンに膨らんでしまうのは、いやですね。下半身のむだな脂肪がなくなり、着る服が増えたらいいですよね。

下半身ダイエットをすればこんな思いをせずに済むという訳です。

では、下半身ダイエットをするのにどうしたら良いのでしょうか?
まず最初に、膝を触ってみましょう。

膝に少しでも脂肪がかぶさっているように感じるならば、下半身の脂肪が多いということなのです。

足はとてもむくみやすい部位です。

女性の足のむくみの多くは、血行不良によるものですので、むくんだ足をすっきり細くすることは、体のためにも美容という点にもいい影響を及ぼします。

男性に関わらず、女性にも足を見られるときには、じっと見つめられるものです。そんな時のために下半身ダイエットでやせるようにして美しい足を作っておきたいものですね。

ウォーキングで下半身太りを解消

ウォーキングが下半身太りの解消には有効だといわれています。
ウォーキングは、有酸素運動なので脂肪を燃焼させる効果があります。脂肪を燃焼させる効果があるので、もちろん下半身太りの解消に効果があります。

ウォーキングというのは、歩くことなのです。
でも、ただダラダラと歩いていてもあまり効果はありませんが、少し工夫することで、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

腕をきちんとふって歩くこと
腕をしっかりと振って歩くことによって、体の各所の筋肉を使うことになるので、筋肉に負荷がかかるのです。
多くのエネルギーを消費することで、脂肪を効果的に燃焼させます。

比較的長い時間歩くこと
有酸素運動をしたからといって、すぐに脂肪が燃焼し出す訳ではありません。一般的に、20分以上運動することで始めて脂肪が燃焼し出すといわれていますので、下半身太りを解消するためにも、最低20分以上腕を振って歩くことをおすすめします。

骨盤のゆがみチェックをして骨盤体操を

骨盤がゆがんでいるかどうか簡単にチェックしよう。

目を閉じてその場で足踏みを50回してください。
足を高く上げて手を大きく振ってください。

終了後、足はどの方向にズレましたか?

足踏み終了後に目を開けたときにどの方向に移動しているかで身体がどの方向にゆがんでいるかがわかります。

1.前に移動した・・・前傾型。
2.後ろに移動した・・・後傾型。
3.左に移動・・・左肩が下がっている。
4.右に移動・・・右肩が下がっている。
5.右斜め向き・・・右ねじれ型。
6.左斜め向き・・・左ねじれ型。

骨盤ゆがみが分かったところで、これを解消する骨盤体操とは?

骨盤ゆがみを解消する基本の骨盤体操は四股立ちです。
両膝を真横に開いて腰を落とします。このとき床と足で長方形の空間を作るようにしてください。

そして、両手は膝の上においてひじを伸ばして一方の肩を斜め前に入れ、もうひとつは四股立ちのままやじろべえのように身体を左右に振ります。
四股立ちをしたときに膝を押されてふらつくようなら股関節が弱っているか硬くなっています。また、前かがみになる場合は柔軟性が無くゆがみやすい身体といえます。

この運動は簡単にできますので、骨盤ゆがみから少しずつ改善していきましょう。